月経カップが開かない!開いているかわからない!そんなときの対処法


月経カップは腟に入れるタイプの繰り返し使える生理用品です。腟内で経血を受けとめるため、ムレやニオイが感じにくくなったり、生理期間中でも温泉やサウナに入ることができること、長期間使えるので環境とお財布にやさしいなど、いくつものよいことがあります。そのため、最近では種類も増え、ドラッグストアや化粧品などを扱うお店でも販売されたり、メディアで取り上げられるなど、以前よりも名前を耳にしたり、目にする機会も増えたのではないでしょうか?

それでも月経カップについては、よくわからない、試してみたいけれど踏み出せないでいる、というお話をよく伺います。こちらのmurmo online storeのブログでは、そんな月経カップが気になっているけれど踏み出せない方に向けて、月経カップについてのさまざまな情報を出していきますので、ぜひ気になった記事を読んでいただけるとうれしいです。

さて、今回は「月経カップが開かない!」「開いたかわからない!」という、月経カップの装着時の疑問について考えていきます。



月経カップが開いたかどうか、わからない!

月経カップは腟内に入れるので、開いたかどうか目で確かめることはできません。そのため、月経カップが開いたかどうか、わかるときもあれば、わからない場合もあります。

なお一般的には、月経カップが硬くて、分厚く、口径が細いものが腟内で開きやすい月経カップです。一方で、硬くて分厚いカップは握力が必要だったりと着脱の難易度が少し高くなります。



月経カップが開いたとき、または、開いているサイン

月経カップの硬さや折りたたみ方、腟内のサイズや形状にもよって、開きやすさは変わりますし、開いたときの感触を感じるか否かも個人差があるので一概には言えませんが、以下の4点は、月経カップが開いたとき、または開いている状態のサインとして考えられます。


1.プシューッと、かすかに空気が抜ける音がする

2.パカっと開いた音や感触を感じる

3.カップの底部をつまんだときに平らになる

4.カップの開口部の部分を一周さわったときに折りたたまれていない


1.プシューッと、かすかに空気が抜ける音がする

これは、カップの空気穴からカップ内の空気が抜けて、カップが腟壁にフィットしたときに起きる現象です。この音がした場合には、カップは開いたと言えるでしょう。


2.パカっと開いた音や感触を感じる

硬めもしくは分厚いカップの場合は、腟内で開いた時にパカっと音がしたり、その圧を腟内で感じることがあります。一方でやわらかめのカップではこの現象は起きづらいです。


3.カップの底部をつまんだときに平らになる

カップの底部を2〜3度つまんでみて、折りたたまれたままの場合は、分厚く平たさがない状態になります。逆に、底部の両サイドがぺたんこに平らになる状態は開いている可能性が高いです。


4.カップの開口部の部分を一周さわったときに、折りたたまれていない

これはかなり難易度の高い(手指が汚れる)方法ですが、確かめる方法のひとつです。腟の一番奥側に入っている月経カップの開口部を、指1本でぐるっと一周なぞってみて、折りたたまれている感触がなければ、開いている可能性が高いです。



月経カップを開かせるにはどうしたらいい?コツはあるの?

murmoの月経カップは、口径が細いという点では開きやすい要素を持っていますが、初めてでも着脱しやすいことを優先しているため、少し柔らかめであること、またイージーラインで折りたたみやすい仕様となっており、少し開きにくい、また、開いたかどうかわかりづらいと思います。こちらでは、murmoの月経カップを開かせるコツをお伝えします。
どのコツが効くかは個人差があるので、ぜひ一通り試してご自分に合ったやり方を見つけていただければと思います。

どのコツを行うにしても一番大切なことは、腟まわりがリラックスした状態で行うことです。一方で、腟が緊張して力が入ると開きにくくなります。


月経カップを開かせる一手間

1.カップの底部をつまんで、折りたたまれた溝部分を解除する

2.カップを奥までいれる段階で、ステム(底部の棒)をぐるぐる数回転させる。

3.仕上げとして、ステムを腟外に向かって引っ張ってから、再度月経カップを奥に入れる


1.月経カップの底部をつまんで、折りたたまれた溝部分を解除する

murmoの月経カップは、イージーラインで折りたたむ仕様となっているため、折りたたまれて内側に入った部分を解除することが大切です。

月経カップの底部を両サイドからぷにぷにとつまみながら、その内側のたたまれている部分を押し出してください。全部押し出せると、やる前よりもつまんだ部分が平らで薄くなっていることがわかると思います。

こちらの動画】で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。


2.カップを奥までいれる段階で、ステム(底部の棒)をぐるぐる数回転させる。

これを行うことで、月経カップと腟壁が少し揺れて、カップの位置が微調整され、開きやすくなります。


3.仕上げとして、ステムを腟外に向かって引っ張ってから、再度月経カップを奥に入れる

2 と同様で、これを行うことによって、月経カップと腟壁の隙間が調整され、月経カップがフィットしやすくなります。


最後に、これらの動作を行い、月経カップが腟に違和感がなく入っている状態になったら、トイレットペーパーで外陰部を拭いてみてください。
外側に付着している経血以外に、経血が拭いても出てくる場合には、月経カップは腟内で開いていない可能性が高いので、一度取り外してから、もう一度やり直すことをおすすめします。



月経カップが開いたかわからなくても大丈夫。月経カップをサポートするアイテム

もし月経カップが開いたかどうかわからなくても、心配しなくて大丈夫です。

月経カップをつけるときには、ナプキンやおりものシートなどの生理用品、もしくは、吸水ショーツや布ナプキンなどのサニタリーアイテムと組み合わせると快適に過ごしやすくなります。

特に吸水ショーツはパンツ(ショーツ)の代わりになるため、余分なアイテムを身に付ける必要がなく、身軽でおすすめです。

どちらにしても月経カップが満杯になっていない限り、どばどば漏れるということはとても稀なので、多少の漏れをサポートできる状態にしておくとよいでしょう。


月経カップが開いたかどうかわかる方もいれば、わからないけれども上手に使えるという方もいらっしゃいます。腟の形状やサイズ、経血量など人によってさまざまですので、100%これで大丈夫というやり方があるわけではありません。ですので、回数を重ねて、いろいろと試してご自分にあった入れ方を見つけていただきたいです。最初は手間や失敗があるかもしれませんが、みなさまの生理が快適になることをねがっています。