月経カップは漏れる?漏れにくい装着方法とコツ、快適に過ごす方法

月経カップは腟内に入れる生理用品です。最近ではドラッグストアでも見かけるようになったりと、以前よりも名前を耳にしたり、実物を目にする機会も増えたのではないでしょうか?そんな月経カップでよく聞かれるのが「漏れ」についてです。経血が漏れるというのは、どの生理用品だとしても避けたいことですよね。ですが、月経カップはどんな人でも100%漏れないとは言い切れません。一方で、この「漏れる」という状態は、カップが正しく装着されてきちんとはまっていること、また満タン近くまで溜まっていない状態であれば、ちょびちょびと漏れるイメージであって、どばどば漏れるということはなかなか起きにくいです。
また同じ人が同じ使い方をしていても、漏れないときもあれば、少し漏れるときもあります。この記事では、murmoの月経カップで漏れると考えられる理由、そして漏れないようにするコツなどをお伝えします。


漏れの考えられる理由

1.月経カップが正しく装着されていない
2.月経カップに満杯近くまで経血が溜まっている
3.月経カップのサイズやかたちが身体にあっていない

1.月経カップが正しく装着されていない
これは、月経カップが腟内で開いていない、正しい位置にいない、フィットしていないという場合です。

2.月経カップに満杯に溜まっている
月経カップの上部には空気穴がありますが、この空気穴の高さまで経血が溜まると漏れやすくなります。数時間経ってから経血が漏れてきた場合には、容量がいっぱいになっている可能性が高いので、取り出して洗ってから再度入れてみてください。

3.月経カップのサイズやかたちが身体にあっていない
腟の形状は個人差があるので、経血量が多くて漏れるなどの場合には、murmoの月経カップで月経カップの着脱や使用に慣れてから、大きいサイズの月経カップを使ってみるとより快適に過ごしやすくなる可能性があります。

murmoの月経カップは初めての人が挫折せずに使えることにフォーカスした、着脱しやすさを追求したカップです。そのため、少し細みの形状で、材質もやわらかめ、少し小さめのMサイズの容量です。


漏れないようにするコツ

1.月経カップを中で開かせる
2.正しい位置に装着する
3.入れた後に仕上げとして、トイレットペーパーで外陰部をふく
4.取り替え頻度を増やす

1.月経カップを中で開かせる
月経カップを腟内で開かせるコツは、カップ部分が2/3ほど入ったところで、外に出ているカップ底部の両サイドをつまみ、折りたたまれている部分を押し出すことです。そうしたときに、「ふしゅ」と空気が抜ける小さな音がしたら開いている可能性が高いです。

2.正しい位置に装着する
1.の流れで開かせた後に、ステム(底部の棒)をぐるぐる何度か回します。そうするとカップが微調整されて、腟の壁にフィットしやすくなります。その状態からゆっくりカップを奥まで押し入れてください。奥まで入って腟の入口に違和感がない状態であれば大丈夫です。もし腟の入口に月経カップの底部がとどまっている感覚があれば、下位置すぎるので、カップを奥まで押し入れてください。

3.入れた後に仕上げとして、トイレットペーパーで外陰部をふく
周りについている経血を先に取り除くことができるので、パンツに経血がつくのを防ぐことができます。

4.取り替え頻度を増やす
月経カップを装着してしばらくしてから漏れてくる場合は、空気穴以上まで経血が溜まっている状態である可能性が高いです。そういった場合には、月経カップを取り出して経血を捨てて、カップを洗ってから再装着することがおすすめです。


月経カップから漏れても、洋服などには漏れずに快適に過ごすには

・他のサニタリーアイテムと組み合わせる
薄手のおりものシートやナプキンなどのその他の生理用品や、吸水ショーツなどのサニタリーアイテムと組み合わせると快適に過ごしやすくなります。どうせパンツは履くので、そのパンツを吸水ショーツに変えてみるなどの方法もあります。
経血量は日によって異なるので、経血量に応じて組み合わせるアイテムを変えてみるなど、ご自分にあった過ごし方がおすすめです。


まとめ

この記事では、月経カップの漏れや漏れないようにするコツ、また月経カップから漏れても洋服に漏れずに過ごす方法についてご紹介しました。月経カップに慣れるまでには少し時間がかかりますが、1〜3クール位積み重ねていくと、コツをつかんだり、ご自分のやりやすい方法が見つかると言われています。ぜひご自身に合った快適な使い方が見つかることを願っています。